<< まさきですが、ネタがないので雑談でもしないか…? | main | 物書きのシュラバってもの教えたる!:マチュー編。 >>

久々のル様トーク:QOSをふまえて。



すこー…。やあ皆さんこんにちは、ル・シッフルだ。
まさきがまた私の事でなにか語りたいそうだから相手をしてやってくれ。


***

まさきです。
慰めの公開が終わる前にもう一度劇場に行きたいんだけど、暇がなさそうだなあ。。。まあすぐにDVD出るですよ。ところで、慰めでは伏線扱いさえされないだろうと思っていたル様ですが、意外にもスレイト繋がりでけっこう話題にのぼったりラボに顔写真掲げられてたりで、信者的には大勝利と浮かれていることだけお伝えしておきます。

…しかし、公式パンフレットで、新たな嫌疑 (後述)をふっかけられ、

陰謀だ、

国策捜査だ、(英国諜報部の)

とル同志ともどもこれからも激しく抗議していきたい(武闘派か)

以下、いろいろ想像で書いてますが事実がハッキリしたら修正したり削除したりするかもだ。

***

【ル様事件簿】

ル様…1965年、アルバニアに彗星の如く生まれた超天才ちょいエロ銀行家。

1970年頃…なんとガキ大将だったらしい

1975年頃…事故で片目を負傷する→いじめにあって非行に走る

1981年…“ポーカーギャンブラー”として脚光を浴びる

1986年…「ドラゴンクエスト」発売

1988年…「ドラゴンクエスト掘弔修靴禿狙發悄徃売

1990年…イラクで何かあったらしい

(このころ、各国諜報部に悪者認定された様子)

1991年以降…活動不明。…そして伝説へ。

2000年頃〜…MI6データでは、ついに死人扱いされる

2000年…「ドラゴンクエスト札┘妊鵑寮鏤里燭繊彌蕕瓩藤丕咾飽楷蛭売

2006年…コンゴ民兵組織から資金洗浄を依頼される
    (資金洗浄については、法律上有罪でない国もある)

2006年…スカイフリート爆破未遂事件の黒幕と認定【有罪】

2006年…ソランジュ・ディミトリオス殺害事件【共謀で有罪】

2006年…モンテネグロでカジノ大会を開催(合法)

2006年…ジェームズ・ボンド毒殺未遂事件【共謀で有罪…か?】

2006年…ブラフでボンドをだます(小芝居が上手いので無罪)

2006年…ヴェスパー・リンド誘拐事件(ヴェスパーの自作自演なので無罪)

2006年…ルネ・マティス=マイフレンド発言(「慰め」で真っ赤な嘘と判明)

2006年…ボンド誘拐●致監禁拷■強要事件【検索文字列が怖くて伏せるほど有罪】

2006年…ヴェスパー脅迫疑惑(

 彼女の恋人でアルジェリア人のユセフ・カビラを拉致誘拐したのが、
 ル様であるという疑惑。Mがボンドにそう言ったのが発端。
 ユセフの命と引き換えに、英国でのスパイ活動やボンドへの誘惑を
 迫ったのがル様であるという説。

2008年…ユセフ・カビラ替え玉事件

 水死体として引き上げられたユセフの死体がDNA鑑定の結果、
 別人であると判明し、ユセフ自身が組織の一員であることが
 明らかとなる。よって、ル様の脅迫罪()は無罪確定。
 ル様冤罪、大・勝・利と墨文字をひっさげてロンドン地裁前から
 ダッシュで出てこようとしたまさきだったが、その矢先…

2009年1月…ル・シッフル資金横領疑惑

 公式パンフレットの人物関係図において、
 『組織の金を株に投資し、私服を肥やそうとする
 と書かれる。

2009年2月…「ドラゴンクエストX星空の守人」発売延期


…そういうわけで、大田胃散を吸いながら必死に世界中のわるいひとたちのお金を増やしてきた、戦う銀行家ル・シッフル様の、その長年の信頼と実績をも汚しかねないこの一文、捨て置けないぞ。
ちなみにル様がSF株の売り抜けに失敗して出した損益は1億1200万ドル相当。で、カジノでの全額巻き上げた場合の最高額が1億2500万ドル。たしかに借金返したうえに多少おつりがくる計算とはいえ、カジノに側やニコニコスイス銀行に支払う手数料、ゲリラさんへの慰謝料などを含めると、足らないくらいじゃないかと思うんですが(足らない分は肩叩き券とかで補てん)
個人的にはSF株に突っ込んだ金は、オバノン(コンゴ)のものだけじゃなく他の顧客からの委託金もあったと思われ。これらを一度にまとめて洗うために、SF株購入→売却→SF機爆破→売り抜け→メシウマというのがル様の計画。ただしなぜSF社が選ばれたのかという点には、いろいろもっと深い事情があるんだろうと思うのですが。
とにかく、私服を肥やすとかそういうみみっちい部分で稼いでもしょうがないと思うんですけどね。本当にそうなら、英国情報部やCIAが嗅ぎつけてルカジノの開催をホワイトが黙認するとは考えがたい。

■「なぜ拷問するのに手の込んだ事が必要なのか…」

というのは、例のシーンでル様がパッティング準備中に語るうんちくの一部なんですが。そもそもこの拷問シーンを入れるかどうかで映画の原案ではまだプロダクション側に迷いがあった矢先、04年にアブグレイブ刑務所の囚人虐待写真が公開され、バーバラ・ブロッコリ氏は、この出来事がなければあのシーンは実現しなかっただろうと明言している。
それは実際どこまで文字通りの意味なのかってことはさておき、例の事件のことを踏まえて上のセリフを読むと、“手の込んだこと”とは、あの写真に写されている数々の様式的拷問(明言はすまい)…またそれらをCIAが作成し、陸軍上層部や、引いては当時の国防長官がそれを認可する旨の文書にサインしているのではという疑惑…という一連の報道を示唆し、皮肉っているとも見える。
アメリカとともにテロとの戦いを続ける英国も、こうした戦争犯罪に加担しているのではないか?テロとの戦いの一環としてボンドにあぶりだされたル・シッフルにとって、アブグレイブで見せた欧米政府の偽善と、自分自身が今から行う野蛮行為の間には、大した差はないと皮肉っているわけだ。ファンから見ると、これは一方で彼の自虐的な一面を見る部分でもあるし、面白いセリフだと思う。
ボンドを殺した後でもMI6が自分を保護すると確信していたル様は、徹頭徹尾、ボンド=各国諜報機関…つまり正義の名のもとに隠密に活動する人々に対して、「クォンタムと五十歩百歩」と考えていたようなんですよね。

■ミッチェルのファーストネーム

インターネット上に、2種類のファーストネームが流れているようです。

 ヘンリー・ミッチェル
 クレイグ・ミッチェル

 フロスト×ニクソン (まちがった)

サツキ・クレイグってのもありますが…どっちなんだい?
映画のクレジット現物を観ないと確たる証拠と言えないけど、観に行くヒマないのでDVDまで待っておこう。
それはそうと、ミッチェルの住まいがロンドンのどのあたりなのか知りたいなあ。身の丈に合ったふつうのアパート…って、今回ユセフを捕まえたカサンの部屋もそうだったし、やたら生活臭のする場所にボンドが現れるという珍しい現象が。

■そのミッチェルの口座紙幣?

映画では【ル・シッフルの金】と言われていた記憶があるので、パンフの「あらすじ」ページに書かれていた『ミッチェルの口座の紙幣番号からスレイトに行きついた』ってのがちょっと出所不明なんですが。

■Mr.スレイトについて

ベタニー似の地質学者。どこかで観たと思ったら、CSIシリーズにしょっちゅう出ている俳優さんだった。参考人とかでしょっぴかれてホレイショに尋問される役とかで。そういやNYでダニー役をやっているカーマインも最初はCSI:科学捜査班(ヴェガス)などに複数回出てた端役だったんだよね。
ル様の鬼籍後だか生前だかに、洗ったお金のナンバーをMI6が控えてその流通先を追跡していたという事実が判明しますが、その捜査過程についてはほとんど語られません。

<ル様マネーとは何を指すのか>

・生前に流通した金説
生前にル・シッフルがロンダリングした金をMI6が追跡調査していたという解釈。つまりボンドがバハマやモンテネグロでル・シッフルご本人を追っている間、MI6のラボは彼の株式市場への投資実績を洗い、その金を追跡していたことになるが、こうした捜査ではあくまで数字上・データ上の資産運用の履歴を追う事が中心となるであろうから、現ナマの番号を控えていくという地道な捜査が、具体的に行われた方法を想像することが難しい。

・カジノロワイヤル収益金説
ル様マネー(数字上の金ではなく現ナマ)で確実にMI6が把握できるのは、カジノの収益金だろう。
これが“組織の金”となり流通したのはヴェスパーが亡くなり、ホワイトが持ち去った後なのだが、それでは紙幣ナンバーがいつ控えられたのかというと「カジノ後、スイス銀行の指定口座に入金されたタイミング」しかない。この口座の管理はメンデル氏が一手に引き受けているようだ。このカジノ大会の管理をル・シッフルから任されている以上、このメンデルはもともとクォンタムとは近い関係にあり、ル様の裏口座や金庫番などをしていた可能性もある。
しかし米英の諜報機関が捜査に乗り出し、銀行側としては事件が大きくなるにつれ組織とのつながりを詮索されたり、捜査の手を伸ばされたりして他顧客の信用を失う事が最も恐ろしいわけで、いずれの時点(遅くてもボンドが勝利した後で)かで、MI6への協力を申し出たのではないだろうか。

・ルネ=マティスの三重スパイ疑惑
もし生前、ル・シッフルに近い人物がMI6に情報を流し、ルマネーの流通を追うことができていたら…そんなこと出来てたら、とっくにグリーンまで割り出しているだろうよ、という気もするが。まあ想像できる可能性は全部やってみるとして。
もし「マイフレンド」がル様一世一代の大ウソでなく、ル様が本気でマティスを友達だと思い込んでいたら(悲しい)…「ルネ・マティス」という偽名を使い、MI6のエージェントだと名乗って組織に近づき、ル・シッフルに協力するフリをして組織の情報を流していたら、MI6にも早くから金を数えるヒマがあったのかもしれない。

・結論、やっぱり良くわからない。
というわけで、どこから出たのかよくわからないルマネーとやら(正直、本当にル様はジョージ・ワシントンの額に肉とか書いてたのでは)…これのうち、かなりまとまった額がエドマンド・スレイト(意味は土色)への地質調査報酬として支払われていた。そこから今回の南米編に突入するわけだけども、映画の重要な場面転換への説得部分がこんなに曖昧にボカされるのが何かすごいなあ。ちなみに、当然ここで言うスレイトはグリーンに殺されて海に浮かんでいた学者のほうで、ベタニーではない。
ル様って、生前はこう言う細かい入出金にもいろいろ骨を折っていたんじゃないかと思うんだよね。あれをこうしろ、これをあそこに払え、だの昼夜問わず世界中のクォンタム幹部から指示がきて。そりゃあすこーすこーしないで仕事できるか!って状態だったのでは。
ブレゲンツでは簡単に「アラスカの資金を回せ」とか言っているけど、そういう運用の実務をやらされてるのがル様なわけで、ああいう事がシークレット会議で決まるたびに「また勝手に思いつきでプラン変えて!」って内心キー!とかなってたんだろうなあ。辛い中間管理職。
…でそういう時はクラットが心配してなだめてくれるのね
「ル・シッフル様、好きなだけオレの頭に落書きしていいっスよ!」みたいな。
ル様はきっと、【らくがきするな】みたいなの書くんですね。

姉によれば、まさき(5歳)が生まれて一番最初に読んだ漫画。

■二階級特進について

レイターのことではなく。
色々あることないこと(失礼)書いてくれた公式パンフですが、ル様の人物紹介欄に「資金管理責任者」と明記してくれました。
…管理責任者って言うと、課長クラスですよね。島耕作ですよね(遠い昔)
管理職…いやあの昼夜問わず時差問わず飛び回っている様子は名ばかり管理職なのか…。(正直、ル様はもっと下っ端だと思っていたまさき←名ばかり親衛隊長)




コメント
さすが、「日本一、ル・シッフルを愛する」まさきさん。素晴らしい考察、感嘆いたしましたぞ!

私は経済方面のことがてんで判らないもので、QOS中でのル様マネーのくだりは「へー、ほー」とばかりに流しちゃってたんですが、こうして分析解説してもらってようやく、問題点がどこにあったのかを理解出来たような気がします。

プログラムの中の「私腹を肥やす」の記述は私も引っ掛かってたんだよ!
私腹は肥やしてないだろー、投資の失敗を穴埋めしようとしただけじゃない?って思ってたんだよね。そうだ、そうだ、濡れ衣だ、冤罪だ!
でも、どこの世界でも中間管理職ってーのは、責任取らされて詰め腹を切らされるんだよね…(涙)。
ホント、ホント。ル様への愛はまさき様にはとてもじゃないけど・・・敵わない。
日本一ル様を愛する支部長です。そのうち統括本部長くらいに御出世なさるのでは??
でも、クラット親衛隊長がど〜んと君臨しているからコワイかも。

本当に感心するほど細かい御分析、お見事です。(拍手)
原作の(太った)ル・シッフルが使い込みがばれないようにポーカー勝負をするので、イメージ的に「私服を肥やす」・・となってしまうのでは??
悪い奴=私不服を肥やす・・・ですし。

きゃん様、ル様も中間管理職の悲哀ですか?
「キング・アーサー」も中間管理職の悲哀がテーマだったような・・。(違うから・・^^;)
  • rinzu
  • 2009/03/14 6:07 PM
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Twitter Lnks
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉Vol.1 [Blu-ray]
THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉Vol.1 [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

こんなかわいい生き物が、まだサクラメントにはいたのです、たぶん。
recommend
キスキス バンバン -L.A.的殺人事件
キスキス バンバン -L.A.的殺人事件 (JUGEMレビュー »)

ブラック監督はアイアンマン3のメガホン決定。ドジっ子泥棒とガチホム探偵のキッチュな楽屋オチサスペンスコメディ。
recommend
セックス・カウントダウン [DVD]
セックス・カウントダウン [DVD] (JUGEMレビュー »)

泣いて笑って走って転んで震えて叫んでエルフ羽つけて全編まさにサイモン大感謝祭。
recommend
007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD]
007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD] (JUGEMレビュー »)

★★★絶賛発売中!
ビックリマンチョコほうふつのホログラムジャケット背負ったボンドをぜひお手元に!
recommend
Jの悲劇
Jの悲劇 (JUGEMレビュー »)

やっぱり今もって、個人的にはダニエル主演映画のベストがこれだったり。
recommend
DVD 007 カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション(3枚組)
DVD 007 カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション(3枚組) (JUGEMレビュー »)

ル様ピクチャー・ディスク付きセットで前作をおさらいしましょう!
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM