<< BOND23:ボンドガール決定。フリーダ・ピントさん。 | main | 余る大捜査線:マチュー・アマルリックさん舞台挨拶追記 >>

余る大捜査線:マチュー・アマルリックさん舞台挨拶報告



胃弱ハンター、まさきがやっと旅から戻ってまいりました。まずは、今回ご協力いただいたり、がんばってねと声をかけて下さった皆様、いろいろと親切をしてくださった方々、ファンの要望にテラ寛大であったスタッフの皆様の優しさ、そして何より、マチュー・アマルリックさんに心から感謝の言葉を申し上げたいと存じます。
(2010.03.23付 一部に諸々修正がありマチュ)
(2010.03.27付 さらに処々修正がありまちゅ。)

Merci beaucoup!!

…てなわけで報告です。今回も(語彙の少なさをかばうべく)ツルッと箇条書きなんだぜ。ライヴ感とお呼び(上から)…かなり長いけど、我慢して読んでくんな。


・連休初日にしては珍しく定刻フライト、定刻着陸で羽田到着11:00
・もうこの時点で11:00からのサイン会整理券配布(六本木TOHO)には
 とうてい間に合わないと悟る。
・泰然自若とし、サイン会のことは忘れ羽田のダイナーで搾菜辣油ラーメンを注文。
・「これでいいのだろうか…」ずるずるずる(麺をすする音)
・「ファンとして、サイトマスターとして…」ずるずるずる…
・「サイン会どころか、こんなパチンコの景品(レベル)渡すアビリティもないし…」ずるるる…
・「ああ悩み過ぎて…キリキリと胃が痛む…」(それはラー油の刺激です)
・とりあえず現地で荷物も多いし、お会いする知人の皆様への土産もあるため
 渋谷のホテルに直行して持物をし分けることに決定。
・Kゃんさん、Aさんにユーロスペース到着は早くて13:30ごろになるだろうとメール。
・お二人も、だいたいそれ位の時間に行くだろうと事前に伺っていたので。
・ちなみにユーロスペースの開場は14:45、舞台挨拶開始は15:00。
 映画終了17:00くらいの予定。


…ところで、ホテルでパチの景品(と見まごう気合いのないマチューへのプレゼント+カード@文法あやしいフランス語・英語のメッセージつき)の他に、万にひとつ、マチューにこれらが手渡せるチャンスがあったら、サインを貰おうと思ったのですが、何に書いてもらったら良いか(フランス映画祭のパンフを購入する時間がなかったのである)悩んだ末、ナカヌキヤで買ったフランス国旗のマフラー巻いたキイロイトリ(@リラックマ)のマスコットの尻に書かせてやろう(上から目線再び)と思い、マスコットと新品の細字両端油性マッキーを一式に小袋に分けていたのだが、いざユーロスペースに着いた時、それ(キイロイトリとマッキー)を持ち忘れたことに気づく。


・ああもうどうでもいいやサインとかプレゼントとか。最低限舞台挨拶で本人見れるんだし…。
・ファンとして底辺まで落ち込む攻撃アビリティ。
・まさきの当日スペックとアビリティ(MAXポイント9999)
 <攻撃力>
 「とびだすゆうき」…10(MAXポイント9999)
 「ほとばしるフランスご」…0.5
 「かたことのえいご」…25
 <アイテム>
 「ぱちんこのけいひん」…8
 「あやしいフランスごのメッセージカード」…150
 「なぞのきたないコサージュ」… -9999

※ フランス語訳には某チエとエキサイト翻訳の錬成を行った。
  チエで力を貸してくださった方「あやしい」とか書いてごめんなさい。
  まさきの(カードへの)書き写しがあやしいって意味と取ってくだしあ。

・初めてお会いする方がいるため、なにか目印をつけていかないと。
・ふと自宅にあった「胃袋の形の握りしめゴム」を発見。
・ストレス解消用に握りしめる低反発ゴム製。液キャベのオマケである。
・握りしめすぎて(なにがあった)真っ黒に汚れている。
・礼服用の花コサージュの安全ピン部分をもぎ取り、アロンアルファで胃袋に接着。
・胃袋コサ〜ジュ〜ゥ!(大山ドラの声で)
・なんて正気とは思えないものを胸(というかポケット脇)に付けてタクシーでユーロスペへ。
・到着時刻 12:40
・早すぐるwwwwwwwww
・しょがないので上映会のあるシアター2(ユーロスペース3階)と1Fをウロウロ。
・ユーロスペースの1Fには券売ブースのほか、ビッフェ形式のオープンレストラン
 があります。
・どこを見回しても、マチューファンらしき人…つ、レネ監督上映会の客の姿さえ皆無。
・Kゃんさん、Aさんから渋滞のためそれぞれ14:00頃に遅れるとメールが届く。
・このラ○ホ街のど真ん中にあるミニシアターで、胃弱ごときがなにをすればいいがじゃ。
・ふと、老夫婦がいとなむ昔ながらの文房具店を発見。マッキーを1本購入。
・3Fでパンフを探すが売ってないので、レネ上映会の案内冊子(無料)を1冊ゲット。
・こうなったら、ダメモで入り待ちの偵察をすることに。
・スネーク出動。
・1Fの出入口は三か所。正面玄関、レストランの厨房に直結する扉、ビルの裏口。
・ビルの裏口のすぐそばには、関係者用のエリアに入るセキュリティドアが。
・ここだ、ここに違いない。裏口と3Fを往復すること3〜4回。
・時刻は14:00。まだ友人は来ない。
・その時、裏口をふさぐようにスタッフ車…じゃなくて違法路駐のベンツが。
・どけーーーーーーー!!!!!
・しかたなく3Fに。上映会鑑賞のお客さんがちらほら見え始める。
・もう一度1Fに戻ろうとエレベーターに乗りこむ。
・男女1組とエレベーターで一緒になる。
・1F到着。その男女が会話している。
男女「あの人たち、正面から来られるようなんですよ」
・あの人たちって!!!!!????
・男女「あ、来てる。」
・来てるって・・・・・・・・・・・・。
・正面玄関(横はラブ○)の前でぽつんと立っている二人の外国人と通訳らしき女性。
・ロマンスの神様、150%マチューです。
・それとアルノー・デプレシャン監督。
・男女はユーロスペの担当職員さんでした。そのまま玄関先で挨拶を交わす5人に
・もんのすごい挙動不審(予定通り)で1メートル後方から接近するまさき。
・誰かほかのファン呼びとめてくれ。
・つ、わたししかいないんだ!!
・いまやっと電車男の気持ちがわかった。わかってもしょがないのだが。
・だれか元気玉ちょうだい。いま横のラ○ホにチェックインしてる人でもいいから
・その人たちは他のコトに使ってるからね(シモはそこまでに)
・関係者の皆さんのご挨拶が終わって、中に入ろうとする二人。
・マチューと目が合う。
・いかん、このまま控室に行かれたらもう絶対チャンス無い。

・話しかけてしまった…

まさき「えくすきゅーずみー、むっしゅ・まちゅー・あまるりっ…」
マチュー「?」(先に行ってしまったデプ監督を名残惜しそうに眼で追う)
まさき「えっとあの、ぷ、ぷれぜんと・ふぉー・ゆー」
マチュー「オウ、メルシー」

めるしー。だってよ。聞いたかよ今の。155%フランス人だよこの人(落ち着いて)

・プレゼントを渡してしまった…

ラッピングした「パチのけいひん」をきちんとしたペーパーバッグに入れてお渡ししたので、マチューは中身を見るが何が入っているのか解らない。

手を差し出す。マチューがちょっと困ったように握手を返してくれる。
ちょっと、というかかなりガサついた掌だ。そして大きい。体の大きさにしてはかなり大きい。
ふと、マチューに会うし上京するし、で前日の夜に寄った美容院で、頭をマッサージしてくれた若い店員さんの手を思い出す。アカギレして、染髪剤でボロボロの手である。

毎日たくさんの書類や本を読み、仕事して、家事を手伝い、子育てをして、…監督として、俳優として、教育者として、そして夫であり父として、しっかりと充実した毎日をすごす、生きることにとても真面目で生命力のあふれる人の手だと思った。なんだか一瞬ものすごくその感触に泣けてきた。でもハンドクリームくらい使なよと(ドライになるな)

・通訳さん(日仏学院映画部の通訳さんで、舞台挨拶のMC)はデプ監督に
 着いて行ったのですでにいらっしゃらない。
・先ほどエレベーターでご一緒したユーロスペの担当さんがマチューのそばに。

まさき「えっとあの、さ、さいんぷりーず」
マチュー「OK。」

さっき取ってきた小冊子(無料だ)の「風にそよぐ草」(マチューのシーンの写真を使っている)の記事部分にある余白を指差すまさき。余白ちいせえwwww。文房具屋のじいちゃんからさっき買ったマッキーを渡すまさき。

キャップ取り忘れた。

マチュー、キャップを口にくわえてキュポ

キャップ取り忘れたわたし天才。つ、ロマンスの神様GJ。

・サイン書いてもらえた…。


※画像クリックで大きくなります。

(拡大)


MA…までほぼゴシックで書いてあとうにゃら…ってのがかわゆす(余白が足りないんですよまさきさん)

・もうとにかくデプ監督を追いたくてしょうがなさげなマチュー。
・気持ちはわかりますが、こうなったら代官山まで登ってもらいます。

まさき「え、えう、と。フォト、プリーズ…とぅぎゃざーしようぜ…」

ユーロスペの職員さん(以下、女神)が、早くこの場をなんとか切り上げさせねば…つ、マチューが目配せで「おい、なんとかしてくれや」と訴えたに違いなく。

女神降臨「よろしければ、わたしが通訳しますから。」
まさき「では、一緒に写真を撮っていただきたいのですけど…」
女 神「ああ、じゃあ私が」
というよりも、ほとんど無理やりケータイカメラ渡しました女神さますみませんすみません。

・写真とってもらた…

女神「ではいきますよー、ハーイ、チアーズ!」

そういえば、まさきのタッチクルーザー(シャープのケータイ)はシャッター速度が異常に遅いことを女神に伝え忘れていた。

いつまでもシャッター音が聞こえない。

まさき「・・・・・・・・」
マチュー「・・・・・・・」

女 神「あれ、これ撮れてるのかしら?」

マチュー、もういいかげんこの玄関先放置プレイいやですよね、わかります。

マチューと私、同時にケータイの撮影状況に「んあ!?」となった瞬間

カシャ。

…いまぜってえへんな顔した。いやまじで、間違いなく二人とも一番ヘンな顔した。

でも全然かわいい。マチューかあいいよマチュー。

でもって、またその茶色のジャケか。ちなみにマチューは驚くほど無臭でした。香水感ほとんどなし。

マチュー「ユア、ネーム、プリーズ?」

そうですよね教授、男44、女3X(伏せんな)…フェミス講師の有名俳優と日本の非正規雇用者とはいえ、最初に名乗るのは大人の人間としての当たり前の礼儀ですよねすみません。

まさき「○○。」(本名のアンダーネーム)
マチュー「…フム。オッケ、メルシー!」

ファンサービス完了!とばかりに颯爽と去る教授。きちんとフルネームで名乗れまさき。しかしそういう無礼も吹っ飛ぶメダパニ状態なので、さらに欲をかいてマチューにもう一度振り向いてもらおうと彼の背中に声をかける。

まさき「サンキューマチュー、メルシー、サヴァ!?」(訳:サンキュー、マチューさん、ありがとうですか?)

振り返らない教授。わかります。わたしがあなたでもこの呼びかけには一抹の狂気を感じますですか?(日本語もあやしくなってきたぞ)

***

・なんだか呆然とマチューの後を追う。
・控室…じゃねえ、1Fのレストランに向かうマチュー。すでにデプ監督や
 通訳さんは席に着いている。
・え!?昼メシっすか!!!!
・それを3〜4分とはいえ、邪魔したなんてごめんマチュー、まじごめん。
・一般客の残りが帰るのを見計らってレストランにSTAFF ONLYの立て看板が
・でも扉の無いオープンだから世界丸見え特捜部。
・ふと、待合ソファにマチューファンらしき方が現れたのでマチューがいる、
 お食事中であることを伝える。
・そのすぐ後に、Aさん、Kゃんさん到着。
・ウエーン、英語のできる二人があと5分早ければ!!!
・三人で食事中のマチューをチラ見しながら張り込み開始。
・さっきも言ったけどビッフェ形式。
・この記事のタイトル画像は「パスタをおかわりするマチュー之図」である。
・ガン見するのは申し訳ないので、チラ見を続ける。
・グラスワイン白注文し、通訳さん&デプ監督と談笑するマチュー。
・デプ監督、喫煙のために私たちの横を抜けて屋外へ。
・その5分後、マチューがレジで店員さんになにか話しかけている。
・タバコを切らしたので、売ってないかと聞いている。
・「マルボロ」と言っているのが聞き取れる
・というか、こういうレストランにタバコは売ってな…(それが売っているようだ)
・しかしどうやらマルボロは外の自販機しかないらしい。
・これ以上、外に出てまさきごときの狩人に捕獲されるのはまっぴら
・というか、この時点でまさき&同行2名含め、まさきの他知人等6名程度が
 レストラン前でシャッター切りまくりなのである。
・申し添えておくが、誰一人食事が終わるまで近寄ったり、声かけたりしてないのだよ。
・ラッキーストライクで妥協するマチュー(まさきの目にはラキストに見えたが)
・当然ながら円でお支払い。たぶん千円札。おつりジャラジャラ。
・日本のタバコは安いでしょうマチューさん。


タバコ購入チュー。

・と、ここで開場時刻14:45を回ったのでまさきたち狩人三人衆は
 後ろ髪引かれながら3Fへ。
・現地で初対面のH様(おかげさまで会えました)は、ギリまでレストラン前で粘ると残る。
・定員100名程度のシアターで、我々の整理券番号は60番前後。
・真ん中あたりが取れればいいね、とシアター内に入る。
・なぜか最前列がほとんど全席開いている。
・えええええ????
・関係者席…ではない。一般客が数人座ってるし。
・ここで気づく、マチュー単体狙いは我々のみで、99%はアラン・レネとフランス映画を愛する
 まっとうな映画ファンたちの集いであったと。
・H様のために、1席確保。だってそれでも最前列はまだ残っているのだった。
・ほぼ定刻に舞台挨拶開始。
・まずは主催である東京日仏学院長さんが上映会開催のご挨拶。
・壇上の袖にマチュー現る。ま…まさきの渡した紙袋を持っている
・「マチュー・アマルリック、だせぇ紙袋持ってるよwwww」と思われた観客のみなさん
・ごめんなさい、すべてまさきのせいです、ごめんなさい。
・日仏学院長の袖をひっぱり、21日の学院でのトークショーには黒沢清監督が
 来られることを必ず皆さんに言わねばならない!と言うマチュー。
・気配りの人マチュー。さっきレストランで「おかわりくん」とか呼んで悪かった(呼ぶな)
・舞台挨拶直前に、アンヌ・コンシニさん(女優)がギリ到着。成田から直行。
・アラン・レネ監督について熱く、熱く、あの声で話すマチュー。
・神通訳の方のお名前をメモるの…つか、トークショー中、メモ取るのを
 すっかり忘れていました。それだけフリーズしていたのだよ。
 (※2010.3.23追記 通訳の方のお名前を間違っておりましたので
   訂正いたします。誠にもうしわけございませんでした)

・ほんとうにまじですごい、あんなハイレベルな通訳初めて見ました。
・デプレシャン監督は、この映画とは直接関係がないのであまり語らないよ、
 と事前に言っていたそうです。
・そういうわけで、まずは先陣切ってマチューがトーク開始。
・あの独特の低い声でとうとうと…川の流れのごとく…堰を切ったように…
・無駄ダム職人(ドミニク・グリーン)とは思えない濁流トーク。
・アンヌさん、マチューがロングトークに入るとウトウト。かわいい。
・トークの切れ目がないので通訳さんが困っていらっしゃるのでは…と
 思ったのはまさきの「めるしー鯖」レベルのいらぬ心配。
・完全翻訳。ほんとう素晴らしすぎる。
・マチューのロングトーク中、デプ監督が彼にジェスチャしていたのは
・「次は僕の番なんだから!」ということのようです。
・今日はトークしないっておっしゃってたんですよねwwwww?
・まさきの会社の朝礼(月1回まわってくる)ならナンボでも代わりますが。
・内容はアカデミックでまさきのスペックでは理解不能なことは日ごろ
 胃弱にきてるお友だちなら今更言わなくてもわかるよね。
・形式主義者がどうの言われてもな!(キレるな)
・「眠気を飛ばすために、立って話すわ」と言うアンヌさん、かわいい。
・トークの度に立ち上がるアンヌさんに「きみは学校の先生になりたかったの?」とマチュー。
・でもってレネ監督を崇拝するデプ監督、結局トークに参加することに。
・つうか語りだすと湯水のような湧き出るレネ愛。
・とまらない監督のレネ万歳トーク。マチューにこにこ。かわいい。
・なんかデプ監督のトークで時間押してるような気もしないでもないが。
・御三人の話が情熱的で面白いから気にならない。
・「上映後までお付き合いできないが、ぜひこの映画(風にそよぐ草)の感想を
 聞いてみたいので、わたしのFacebookに寄ってカキコしてください」とアンヌさん。
 (※2010.03.23追記 カキコきぼんぬとおっしゃったのは監督ではなく、
   アンヌさんでした。お詫びして訂正いたします)

・「きみが何千キロも空の旅をしてわざわざ日本に来たのは自分のFacebookの
 フォロワーを増やすためだったんだね。」とニヤニヤつっこむマチュー。
・脊髄反応的なツッコミ王ですな。
・良いツッコミとフランス映画文化振興を願い、エッフェル塔のビリケンさんに
 たくさんお参りした成果が今ここに(だから塔違いだと何度…)
・さてレネ監督の作品「24時間の情事」(ヒロシマ・モナ・ムール)はまさきの
 地元を舞台にしているが
・そしてこの「風にそよぐ草」との関連性が話題になったのだが
・この映画の主演であるエマニュエル・リヴァさんは撮影中、原爆後復興14年目の
 広島の街並みや子供たちの写真を撮影していて
・そのフィルムに映った子供たちは今、50〜60歳代をむかえ
・昨年、その写真集発売にともない「エマニュエル・リヴァの広島展」というものが開催され
・事務局の招待でリヴァさんが広島に招待され、当時の被写体となった子供たち
 (今やいい歳のおじさん)と再会するという、とても素敵なニュースがあったんだ。
・なのに、まさきはこの作品を見ていないんだ。
・喰わずキライというか。もしかしたら地元にはこの作品にそういう気持ちの人も多いかも。
・フランス人が原爆の惨状のなんたるかも知らずに恋愛映画なんかって偏見だ。
・いまはそれが恥ずかしい。内容も知らないくせにイチャモンはいけない。
・こんどしっかり見ようと思う。
・「風にそよぐ草」面白かったです。
・この映画でのマチューは実はチョイ役程度。レネ監督は意図的に有名俳優を
 多用するので有名なんだとか。
・パリ市内の警察署の警官です。かわいいです。
・上映会終了。エンドクレジットが切れるってトラブルはTOHOの映画祭のほうでも
 あったようなんですが、ここでもありました。それ以外のトラブルはなし。
・終了時刻確認。 じ、…18:00 !!!!???
・狩人三人衆の反省会(飲み会)開場@居酒屋は17:30に予約しています。
・デプレシャン(トーク押し)……wwwwwwwww
・居酒屋に1時間遅刻で到着。
・途中、店から本当に来店するのか確認の電話が。
・「フランス人の有名な監督と俳優たちが熱く形式主義について語ったので
 遅くなりました」…とはとうてい言えまい。
・でもその理由が本当だから嬉しい。

***

【狩りの総括】

・虫網には入らない大きさであった。
・携帯電話で連絡を取り合っている以上、薄汚れた胃袋コサは100%不要であった。
・その胃袋コサを見たのは結果的にマチュー・アマルリックだけだった不覚。
・必要な撒き餌はドングリではなくマルボロだった件。
・まさきはもっと大人になったほうがいい件。
・マチューはたぶんお母さんのお腹にいるときからあのジャケットを着ていた疑い。
・デプレシャンとは仲が良すぎてけしからん。
・パチの景品(レベル)はその後どうなったかあまり知りたくない件。
・あのメッセージカードに例のいつもの冷笑を浮かべていそうで胸が熱く
 なる真性ドMのまさきさん。
・しかし海外返信切手とやらは全くの盲点であった。
・とにかく、まさきは幸せであったとさ。


***

長々と、自慢にもならない自慢話と言うか、行きたくて行けなかった狩人のお友だちもきっといると思うのに、まさきはこの程度でごめんよ。マチューとお別れしたあとは、放心状態だったんだよ。マッキーペン(ヨダレつき)をビニールコーティングする余裕はあったがね。次はないと思うけど、次があったらもっときちんとマチューにお礼を言うよ。今も言いたいよ。ありがとうだよ。

それと、まさきがパニくって、初対面なのにきちんとした礼節もご挨拶もなしに接してしまった皆さんがいるんだ。本当に失礼しました、お会いできて光栄な方々ばかりでした。ご機会ありましたらまた今後とも、まさきコンニャロウと胃弱風呂。をよろしくお願い申し上げます。




コメント
予想以上の収穫、捕獲成功おめでとうございます。爆笑しつつ読ませていただきました。
パチンコの景品は今頃3人の息子さんのおもちゃになっているのでは。
通訳は井村さんではありません。
  • がぜよ
  • 2010/03/23 9:47 AM
うわー、すごい!
会って、話して、一緒に写真もとれたんですねv
マチューファンではありませんが
こんな至近距離で見ちゃったらしゃべれなくなります
もしマッツだったら興奮しすぎて吐くかも・・・(ばっちぃ)
楽しいレポートありがとうございました
なんかこっちも楽しくなりましたv
  • 眠り猫
  • 2010/03/23 6:49 PM
がぜよ さま>
再度の書き込みありがとうございます。こんにちは。
頼るもの(最初に話しかける先発隊のファン)がない窮地で、まさきが混乱しながらブン回した虫網に、マチューさんがしょうがなくシッポの先をちょっと突っ込んでくれた感じでしょうか。
パチの景品、個人的にはできるだけかさばらず、荷物や負担にならないもの…んで、気に入らなければ他の誰かに配れそうなもの、という一応の選定基準が・・・・・・景品レベルかい(三年連続会社のボウリング大会で景品買出し担当になったのが災いしたのか)
もし本当にお子様のおもちゃにしていただけるなら、こんな光栄なことはないのですが!
通訳さんのお名前ご指摘の件、大変助かりました。誠に失礼いたしました。きちんと調べて、わかった時点で更新させていただきます、ありがとうございました!


眠り猫さま>

御無沙汰しておりました。こんにちは。
そうそう、現地で「もしこれがダニエル(マッツ)だったら」という話を知人としておりました。生ニエルに会ったことのある知人の感想によると、当然のことながら今回の生チューさんとの遭遇とは、また違った印象であたとのことです。それぞれの役者さんの素顔がかもしだす雰囲気というものに、触れる機会をまた持ちたいと思った旅でした。

  • まさき
  • 2010/03/23 10:13 PM
当日の様子を詳しく書いてくださり、ありがとうございました!まさきさんのユーモアのある語り口に、爆笑しながら楽しく読ませていただきました(≧▼≦)
マチューに会えた日、本当に夢のようなひとときでしたよね!

まさきさんがマチューの第一発見者だったんですね!マチューがユーロスペースに到着した時から知ってるなんて、うらやましい!しかもマッキーのキャップをマチューがくわえたなんて…なんという奇跡!
そのマッキーは宝物ですね(o>ω<o)
それからマチューに名前を聞かれただなんて、いいなぁ!きっとマチューは、まさきさんに興味をひかれたのでしょうね(o^∀^o)

あっ、ブログの最後の方の二枚の写真が、残念ながら携帯からでは見られなかったです(;_;)マチューがうつってる写真ですか?
  • ひさこ
  • 2010/03/24 9:05 AM
ひさこ さま>

先日はおつかれさまでした!
そうなんです、まさきがガジュマルの枝の陰にいるのを(完全誤認)最初に発見したにも関わらず、あんな調子ですみませんでした。例のマッキーは早いとこ真空パックにする予定です(DNAサンプルは丁寧に扱うCSI:HR=ひろしま)
まさきの本名は短いのですが、ちょっと欧米人には発音・聞き取りしづらいかもしれません。まさきの回答もアウアウだったので、マチューの耳にちゃんと届いたかどうか。メッセージカードにはローマ字で書いてるので、もし読んでくれてたらわかると思いますが。

写真のほうは、メールでお届けします!

  • まさき
  • 2010/03/27 9:59 AM
こんにちは。あの時に、あの場に居合わせた、通りすがりのマチューファンです。
胃袋コサージュの意味がようやく分かりました(笑)
楽しく読ませて頂きました。皆さん、会場にかなり遅れて行かれたから、席はあるのか心配していましたが、最前列があいていてよかったですね。
あのあと、私も2ショット&サイン&握手してもらえたので、食後のおタバコマチューをチラ見しながら、六本木に戻りました。サイン会でフランス語で話しかけたら、マチューは日本語で「はい」と言いながら、日本語をほめて欲しそうに(?)あの眼で見て来るので、「惚れてしまうやろ!」と心の中で叫びました。
  • 2010/03/28 3:23 PM
橋さま

突然の割り込みコメント、大変申し訳ありません。私もユーロスペースでマチューにサイン等していただいたのですが、もしかして橋さんはお連れの方(男性)と一緒にいらっしゃった方でしょうか?
もしそうだったら御礼が言いたいです。私は開場時間後も粘って一階のレストランにいたのですが、レストランのスタッフの方にお願いしたら運良くマチューの席に案内してくださいました。その時、近くにいらしたマチューファンの方々(男性と女性)と一緒にサインをもらいに行ったのですが、男性の方が写真撮影をしてくださったりして大変助かりました。
もし人違いでしたら申し訳ありませんが、もしかしたらと思い、書き込みさせていただきました。
  • ひさこ
  • 2010/03/30 8:22 PM
ひさこさま
ひさこさんは、あの時、スタッフの方にお願いされていた人だったのですね。こちらこそ、お礼が言いたいです。どさくさに紛れて私も付いて行ってしまいましたので(笑)。ありがとうございました。
残念ながら、あの男性は私も面識のない方です。
お2人がマチューにサインしてもらった後に、私がサインよりも先にフランス語で2ショット写真をお願いしたら、その後、お2人ともマチューと写真を撮られていたので、私も多少はお役に立てたかと勝手に思っています(笑)
  • 2010/04/01 9:58 PM
橋さま

コメントありがとうございます!あの時、1人では心細かったので、一緒にマチューの所に行ってくださる方がいて本当に助かりました!どうもありがとうございました。
橋さんが写真撮影されてるのを見て、私も後に続きました。ありがとうございます(o^∀^o)
マチューの日本語、聞いてみたかったです!きっとあの目で「はい。」と言われて見つめられたら、私も惚れてまうこと間違いなしです(笑)マチューって、かわいいですね(o>ω<o)

  • ひさこ
  • 2010/04/02 12:00 AM
橋 さま>
ひさこ さま>

レスが遅くなり、申し訳ございません…。
その間にお二人でご連絡取れたようで、このコメント欄が胃弱史上、もっとも有効に活用された例として、後世に永く語られ…ないが。

(あらためまして)橋さま>

コメントありがとうございます!あの際は、興奮にまかせて初対面の橋さまにマシンガンのようにお話してしまったため(痛い)胃袋を腰元につけた異様な姿が謎のままで…申し訳ございません…さぞや恐ろしい思いをなさったのではと。
マチューさんとお写真撮れてよかったですね!やっぱり自分もほんのちょびっとくらい外国語できなきゃと心底思った1日でした。当日はこちらも、コ1時間ロビーでボッチだったので、橋さまがお越しになられたときに、すごく心強かったです。ありがとうございました!
  • まさき
  • 2010/04/11 12:32 PM
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Twitter Lnks
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉Vol.1 [Blu-ray]
THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉Vol.1 [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

こんなかわいい生き物が、まだサクラメントにはいたのです、たぶん。
recommend
キスキス バンバン -L.A.的殺人事件
キスキス バンバン -L.A.的殺人事件 (JUGEMレビュー »)

ブラック監督はアイアンマン3のメガホン決定。ドジっ子泥棒とガチホム探偵のキッチュな楽屋オチサスペンスコメディ。
recommend
セックス・カウントダウン [DVD]
セックス・カウントダウン [DVD] (JUGEMレビュー »)

泣いて笑って走って転んで震えて叫んでエルフ羽つけて全編まさにサイモン大感謝祭。
recommend
007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD]
007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD] (JUGEMレビュー »)

★★★絶賛発売中!
ビックリマンチョコほうふつのホログラムジャケット背負ったボンドをぜひお手元に!
recommend
Jの悲劇
Jの悲劇 (JUGEMレビュー »)

やっぱり今もって、個人的にはダニエル主演映画のベストがこれだったり。
recommend
DVD 007 カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション(3枚組)
DVD 007 カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション(3枚組) (JUGEMレビュー »)

ル様ピクチャー・ディスク付きセットで前作をおさらいしましょう!
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM