<< 「ハゲタカ」カテ新設。 | main | 第62回カンヌ開幕!しかし松はまだ。 >>

おれのアキレスフォルダが火を噴くぜ!

ハゲちゃんの試写会が来週あたりから全国行脚するようです。ウチの県にも15日に生ナヲさん付きで催されるんですが、残念ながらまさきは仕事の飲み会があるため行けません。各地で試写会に行かれるかたは、ぜひまさきの分も、思う存分買い叩かれてきてください!!

***

連休中、もっとも個人的に湧いたニュース。

【eiga.com】ブラピ、参戦?古代ギリシャの英雄譚「オデュッセイア」が映画化

(一部抜粋)

一方で気になる今回の主役オデュッセウスの行方だが、昨年10月、業界誌バラエティは「トロイ」で英雄アキレスを演じたブラッド・ピットが、「オデュッセイア」の主演に決定という記事を発表したことがある。スタジオは同じワーナーだが、2つのプロジェクトが同一のものであるかは定かでない。


一方そのころ、「トロイ」でイタケ島の発明王・オデッセウスを演じたショーン・ビーン様は、パーシー・ジャクソン・シリーズの映画化第1弾でゼウス役に昇格と同時にアスリエル・フラグを立てていたという。。。

 (注※)アスリエルフラグ…冒険はまだ始まったばかりなのに、いまだ滑落中。

***

さあここで、元アキレス信者のまさきさんがやって来ましたよ。

◆ヴォーグ(2004年351号)の半神特集。

なにこの完璧な生き物。







自分がカワイイという自覚がないとできないポーズ集(一部なかのひと)

◆女子高生


◆グラビア系(オシリーナ)


ヴォーグに数々の(それっぽい)写真を提供しているS.Klein氏とBPのコラボ画集。351号のほぼ半ページを使っての大特集だが、メキシコロケ(トロイ)のスチールは数枚で、あとはNYスタジオでのBPとのかなりこゆいフォトセッション。Klein氏のファンであるBPは気合入りまくりすぎてタトゥー(というか日本の刺青)柄の全身タイツを自前で用意してきて、「これ着るから撮って」と要求するほど。
その後も、全身片栗粉をまぶす、顔にペンキをぶっかける等、BPファンの涙をさらう奇抜な作品の数々を残す。写真集で食用カエル(生)を咥えたキョンキョンを思い出したのはまさきだけか。

…というわけで、映画『トロイ』の内容を叩いて、やれ尻切れとかパリスてめえとか言う前に、原典(イーリアスとその二次創作であるエウリピデス)読んでくれというわけだ。もし原典通りのオチつけたら、パリスてめえなど可愛いくらいのカオスな結末が待っているわけで。。。

ちなみにー。ご存じのように「イリアス」は盲目の吟遊詩人ホメーロスの口述戯曲を、弟子やアシスタントさんが補足したりなんかして、現在の形になったもので、ホメーロス自身が語った部分は映画『トロイ』における、ヘクトルの葬送までです。
その後の、アキレスの葬送とか、トロイア市内の崩壊&後日談というのは弟子による二次創作みたいな部分があって、そこも含めて「イリアス」として編集してある原作もあるので、みなさん好きなものを選んで読むといいと思われ。日本語翻訳のなかには、文語調でかなり読みにくいものもあるので、書店で比較するのが良いと思います。

個人的には、岩波文庫「イリアス(上・下)」をオヌヌメ。


こっちは、同じ松平千秋先生による「オデュッセイア」


ちなみに、ヘクトルの妻アンドロマケを代表としてトロイ戦争で捕虜となった女性たちの悲劇と人生模様を描いた、完全な二次創作物としてエウリピデス「ギリシャ悲劇」の短編(『アンドロマケ』『トロイアの女』)があるわけだけど、これは本当に“イリアス同人誌”みたいなノリなので、ホメーロスの原典とは分けて考えるべきかと。

ちなみに、「ホメロス後」のおもな登場人物たちの末路…

 ◆パリスてめえ
 トロイ市内の裏にあるイダ山に、ヘレネと一緒に逃走。
 読み手の抱える万感の思い(イラ立ちとも言う)を込めた
 アカイア軍の矢に射られるが軽傷。
 「もう歩けないよ」とか期待どおりの泣き言を吐きまくり、
 ついにヘレネから三行半。その後、破傷風が原因で死亡。

 ◆ヘレネ
 原作「イリアス」では、10年戦争の途中でパリスへの愛が覚め、
 諜報活動中のオデッセウスと連絡を取ってスパイ活動に従事。
 トロイの護国安寧をつかさどる神器を盗み出す。
 パリス死後、アカイア軍に捕まり連行される。
 戦争を起こすほど浮気に激怒していたはずのメネラオスだったが、
 彼女の泣き顔を見たとたん、あまりの可愛さに復縁を決意。
 全軍ポカーンのなか、兄アガメムノンの仲人で再婚。
 メネラオスとともに、スパルタで幸せな余生を送る。

 ◆アガメムノン
 ヘクトルの姉にあたる巫女カサンドラ(不思議ちゃん)を愛妾とするが、
 惚れ込みすぎて本妻と不和になり、家庭崩壊する。
 のちに本妻とその間男の姦計にハマり、カサンドラもろとも暗殺される。
 ※カサンドラについては、イリアスではトロイ戦争中に
  祭祀の人身御供にされて亡くなるという別話もある。

 ◆アンドロマケ
 ヘクトルの妻。絶世の美女で、かなりの才女。アキレスの息子である
 ネオプトレモスの戦利品となり、愛妾となる。ネオプトレモスには
 メネラオスの娘ヘルミオネ(ギャル)という本妻がいたのだが、
 熟女マニアのプトはアンドロマケに夢中となり、こっちも家庭崩壊。
 でお約束どおりヘルミオネの姦計にハマり暗殺される。
 一方、アンドロマケは望まざらずもプトの子供を妊娠しており、
 テティス(アキレスの母。海の女神)の計らいで母子ともに保護される。

 ◆オデッセウス
 愛妻家なのでトロイアの女を所望しないが、王妃ヘカベを捕虜にして
 いた模様。 昼ドラなみの愛憎劇を繰り広げる盟友たちを尻目に、
 自分だけ戦利品抱えてメシウマ凱旋帰国のはずが大嵐にみまわれ漂流、
 10年間にわたる大冒険が「オデッセイア」として語り継がれることに。

 ◆アポロン
 相変わらずのナルシスト。自分より美しく可愛いアキレスへの、
 ゼウスの寵愛が憎らしく、パリスを遠隔操作してアキレスのかかとを狙う。
 アキレスファンのレダ(ゼウスの恐妻)にガチで叱られオリンポスからの
 排除命令を受ける(だが性懲りもなく戻ってくる)

 ◆ゼウス
 トロイ戦争という、最高級の恋愛大河RPGを制作した人。


ありとあらゆる2時間ドラマ要素を盛り込んだギリシャ悲劇。そのうち「(トロイの)家政婦は見た!」的な映画が出来ないであろうか(家政婦役はジュディ・デンチさんにお願いします。)

***

【訃報】忌野清志郎さん。

10数年間に、所属していた学生団体の企画の席で清志郎さんにお会いする機会がありました(すげえ自慢です)…楽屋でふっと眼があったペーペーの私に、清志郎さんは優しく声をかけてくださいました。我々学生スタッフの身に付けていた(非常にビビッドな配色の)ジャンパーを褒めてくださったのです。「いいね、それ。」って、たった一言ですが、なんとも言えない静かだけでフワッと温かい声だったのを覚えています。
思わず学生と目が合ってしまい、何か言ってあげなきゃなと気遣ってくれたのでしょうか。それとも、まさきが「なんか声かけてくれ!」的なものすごい秋波を出していたのでしょうかwwww、ありがとうございます、と緊張で声カラカラにして答えると、「きみたちが自分でデザインしたのか、うん、それいいよ。」と繰り返してくれました(正確には、我々のOBによるデザイン)
清志郎さん。正直、わたしはあのジャンパー嫌いだったんです。
スタッフの半分くらいがそう思っていました。
主催するイベント規定のチェックマンとして、時には参加者に厳しい態度で接しなければならない我々。いつもアラ探しばかりして、喜々として参加者へペナルティを与える番人だと言われ、その象徴がお前たちの赤ジャンパーだとののしられたこともありました。
こんなキョーレツなデザインでなければ、参加者からニラまれることもなかろうに、という仲間もいました。
今となっては、学生らしい実にかわいい悩みなんですが。
実に勝手な事に、わたしは清志郎さんの何気ない言葉を聞いて、「もっと自分のやってることに自信持ちなさいよ」と言われたような気がしました。
悪評高きそのジャンパー、いまでは同じ悩みを抱えた後輩たちが真っ黒なカッコ良いデザインに変えてしまいました(1着35,000円というのも痛かったのでしょうが)
わたしは、「いまじぶんのやっていること」に自信のカケラもありません。
それでもまあ、ふつうに幸せという最高にしあわせな人生を送っているし、愛するほどじゃないけど、今の仕事も(いつまであるか分からないけど!)たまには「うん、それいいよ」と思えなくもない。

大変遅くなりましたが、清志郎さん、本当にありがとうございました。


コメント
まさきさん、心配しておりましたがお元気になられましたか?
無事に御復活でなによりです。(^_^)/

私ホメロスは読んでないのですが、エウリピデスは読みました。・・・というよりギリシア悲劇は殆ど読んでいます。
「パリスてめえ」という表現に笑ってしまいましたが、パリス君とて女神に約束されていた「一番の美女」が人妻だったなんてヒドイじゃない?と、言いたいでしょう。
広い心で許してあげてくださいな。(^^;)

アキレスさんに萌えていらしたのですか・・そうですか。
「トロイ」は大スターBPさんをカッコヨク見せる為の映画でしたものね〜〜。

それにしてもハリウッドは本当にギリシア神話ブームですね。
あの、しょーない神々をどう描くのでしょうか?楽しみです。

・・・キヨシローさん、また大きな方が逝ってしまわれましたね・・・。
素敵なエピソードの御紹介ありがとうございました。

  • rinzu
  • 2009/05/11 4:24 PM
未だキヨシロ→ の歌を聴けない状態でおります、自分。

> たった一言ですが、なんとも言えない静かだけでフワッと温かい声だった
って、ここんとこで又、ぐっときて涙目になってしまった。
判る、判るよ!!!!

学生時代、自分も逢ってお話しして頂いたコトがありました。
誰にも似ていなくって、で、飄々としていて、
ステージでみた華やかなキョーレツさがウソみたいで、
ナンかもーホントあったかさと
全部まるごと受け入れてくれそーな深さみたいなモノが滲み出ていて。
ミノホドシラズなコトにその頃抱えていた夢を話し、技まで披露してしまった自分に
キヨシロ→ は「ウマイ! なれる!」ってゆってくれて。
言葉数は少なくて、淡々としているんだけれど、でもでも力強くて、
で、とにかく笑顔があったかくって。
触れさせて頂いた肩が、有り得ないぐらい薄くて華奢だったコトに驚かされました。

信ぢられません、逝ってしまったなんて。
  • 1号
  • 2009/05/12 7:53 AM
あの日、実は知らんかったのですよわたくし。前日早く寝ちゃった上に、当日はテレビもろくろく観ずで出掛けたので。
帰りがけに相方からのメールで知って愕然としたと云う(そこで初めて知ったと言われて、相方も驚いてたけど)。

清志郎に実際に会ったことのある人は皆、「優しい人だった」、「気を使ってくれる人だった」って声を揃えて言うよね。
私はライブでしか彼を知らないけれど、ステージからも、その人としての温かさは確かに伝わってきました。
みなさまコメントありがとうございます!

rinzuさま>
映画「トロイ」は原典の楽屋オチ部分(神様サイド)を省いているので、本当にパリスてめえと思ってしまうのですが、あれが神の決めた運命なんですよって言うところがミソですよね。
イーリアスやギリシャ悲劇では、人間が救いようのない過ちを散々犯すんですけど、その責任の所在は運命を握る神々に起因するんですよね。人間のやった不始末の尻拭いを神様がやったりするのが面白いです。

1号さま>
わー。ほとんど通りすがりみたいな私とは断然比べモノにならないキヨシローさんとの素晴らしいエピソードですね!
聞き取れないような小さな声でお話になるんですが、飾り気がなくて、うーん、上手く家ませんが…「ものすごく良いお水」みたいにスーッと心にしみました。

きゃんさん>
いやあ、おっしゃる通り本当に惜し過ぎます。
芸能人に限らず社会人とっては、一期一会の人との触れ合いという部分も大切な自己PRや切磋琢磨の機会で、プロであればあるほど、心穏やかに紳士的に振る舞えるものだと思います。
学生時代に大御所〜若手まで、数人の音楽アーティストの方々にお会いしましたが「とっても優しい人だった」という方々が大半でした。初対面の人にぎゃくにトゲトゲしくするほうがレアだろうな…とは思いつつ、それでもキヨシローさんの事を特別よく覚えているのは、直接話してもらった事もさることながら、ただの一般人を喜ばせようとするリップサービスとは違う、50代の音楽をやってる有名なおじさんと、融通のきかなさそうな20代のコムスメ間にある、あるべきふつうの接し方をして下さったからだと思います。
  • まさき
  • 2009/05/14 8:49 PM
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Twitter Lnks
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉Vol.1 [Blu-ray]
THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉Vol.1 [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

こんなかわいい生き物が、まだサクラメントにはいたのです、たぶん。
recommend
キスキス バンバン -L.A.的殺人事件
キスキス バンバン -L.A.的殺人事件 (JUGEMレビュー »)

ブラック監督はアイアンマン3のメガホン決定。ドジっ子泥棒とガチホム探偵のキッチュな楽屋オチサスペンスコメディ。
recommend
セックス・カウントダウン [DVD]
セックス・カウントダウン [DVD] (JUGEMレビュー »)

泣いて笑って走って転んで震えて叫んでエルフ羽つけて全編まさにサイモン大感謝祭。
recommend
007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD]
007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD] (JUGEMレビュー »)

★★★絶賛発売中!
ビックリマンチョコほうふつのホログラムジャケット背負ったボンドをぜひお手元に!
recommend
Jの悲劇
Jの悲劇 (JUGEMレビュー »)

やっぱり今もって、個人的にはダニエル主演映画のベストがこれだったり。
recommend
DVD 007 カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション(3枚組)
DVD 007 カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション(3枚組) (JUGEMレビュー »)

ル様ピクチャー・ディスク付きセットで前作をおさらいしましょう!
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM