冥府魔ダウから戻ってまいりました。


ただいまー!なにごともなかったようにただいまー。

おいら、この胃弱風呂。の管理人ことエロスパムのコメント収集家まさきだよ。ちょっと家人がいない間に人さまの裏庭に咲いたちっちゃなお花畑(記事)にうんこまき散らしやがってこのやろう(放置した責任は)

この半年間、いったいなにをやっていたのか包み隠さず赤裸々に告白します。

6月:ロバートなんとかという俳優に誘惑された。
7月:ロバートなんとかジュニアとかいう中年のデカ尻を一心不乱に追いかけ始めた。
8月:ロバート・ダウニー・Jrってんだっけ?なしでは生きていけなくなった。
9月:神聖ダウニー帝国にマイティハートを蹂躙されて完全に屈服した。
10月:Twitter廃人になり果てた。
11月:(生々しいプライヴェートなので書けない)
12月:胃弱風呂。のジュゲ移行が大晦日までなのも知らずに年越し。
1月1週:年始早々に肝臓をツブしてダウニーいやダウン。
1月2週:胃弱風呂。が消えている事に気づく。移行 いまここ。

ほらね、おいらオネスティ。(11月は)


ロバートなんとかジュニア様のご近影(2011.1.16 GG賞)



アンジェラ・アキもかすむこの黒ぶち美人。


そういうわけで、2011年はダウカテも自嘲・・・いや自重気味に盛り込みつつ、半年放置とかなしで更新したいから、閲覧者のみんなが戻ってきてくれるとうれしーななんて思いつつ今年もよろしくだよ!次回は1月のマチューさん来日感想をUPするよ。じゅげ使いにく!

超雑談:ヤクルトの飲み方…。




すげえ雑談しちゃうんだけどもさ。

まさきが中学生の頃、わが母校は給食制をしく周囲の学区とは相反して弁当持参が原則っていう学校でさ…。

ある日まさきが弁当箱を開けたら、一緒に食べてた友人が米粒噴出せんがばかりに笑うのよ。かーちゃんの弁当笑うなこのやろうとか思いながら、箱の中見たら、ゴハンの入ってるエリアの真ん中がアルミホイルで隔離されててさ、その中にヤクルトが1本入っているのよ。
まあそれだけでも、ちょっとした仁徳天皇陵みたいな荘厳な光景なんだけどさ。
そのヤクルトの側面に、セロハンテープで爪楊枝が1本貼り付けてあるんだよ。
それ、まさきにとっては何の不思議もない光景だったので「そんなに笑うことないお?」とか思いながら、ヤクルト取り出して、上の銀紙に爪楊枝でプスプスプス…って10箇所くらい穴開けて、そこからジュルジュル飲んでたら、もう友人が七転八倒でさ。

え…ヤクの銀紙ってああやって飲むもんじゃないの……(ガクゼン)

じぶんちルールが世間では全く通用しないことがあるって良い例と思われ。
まさきにも、そういう甘酸っぱい思春期のメモリーってやつがあったってお話さ。

それはそうと。

まさきはこの5年間くらい、乳酸菌(おもに動物性)をなるべく取らないっていうマイブームがあったんだ。まさき母が新谷某氏の『病気にならない生き方』ってベストセラーを買ってきて(まさき母はベストセラーにメがない)「んなわけあるか!」とかナナメ読みしていたんだけど、その本に「白い食品(グラニュー糖などの砂糖、牛乳、乳製品、ヨーグルト、白米など)を決して食べてはいかん。人間は子牛じゃないんだから、牛の母乳なんか飲むな」と書いてあって、えらい極論だなあと思いつつ、「人間は子牛じゃ…」のフレーズが妙に頭に残ってて、そこにまた、乳酸菌が万人に有益とも限らない(菌との相性など)みたいな論文を読んで、それ以来、チーズ以外の乳製品・ヨーグルト、乳酸菌飲料が大っ好きなのにやめてしまった(※)

※ 一度やめるって決めたら、酒以外はけっこう意志の固いまさきである。

こんなわたしを乳酸菌信仰の敬虔な信者であるまさき一家の全員が、なんて無謀なやつと白い目で見たのは言うまでもないが、まさきは頑固者なのでそれでもヨーグルトうまそうとか思いながら、積極的な摂取はしなかった。先の新谷先生とやらの主張に、ほとんど同意できないにも関わらず、なんか矛盾してるなあと思っていた昨年になって、「サンダーボール作戦」を読んでいたら、ジェームズ・ボンドがMの半強制的な推薦で、シェラブランズの健康療法施設に入院する話があって、1961年刊行の本だというのに、すでにここにも「白い食品はだめだ」なんて書いてある。
ただし念のために言うと、ここでフレミング先生が書いている「白い食品」というのは精製糖・高温殺菌牛乳・精製小麦粉や添加物の入った食パンのことで、ヨーグルトなどは含まれていない。結果的にこのデトックス診療所の食事療法にハマりにハマったボンドは酒も煙草もやめてオーガニック万歳!ニンジンジュースうますぎるとか瞳を輝かせるわけだ(ほぼ三日坊主だったけども)

もちろん、こうした考え方を否定するわけじゃなくって、各自が自分の体のコンディションや、特徴に合わせた健康法を編み出して、それで健やかで、しあわせであればそれでいーとわたしは思う。

個人的には正直、添加物とかどうでもいいし、むしろ真っ赤なソーセージと魚肉ソーセージと山●のクリームパンが大好きなまさきが、どうして五年間も乳酸菌に対してこんなかたくなな態度を取ってしまったのか…自分にもよくわからん。

しかし5月あたりから、軽い胃潰瘍(ほどでは)と腸内環境の悪化にみまわれ、こうなったらビフィズスさんとかLカゼイシロタさんとか、最高レベルの特殊部隊に三つ指突いて今までの無礼を詫び、改めて戦線に参加していただかないと…という状態まで、ほとんどもうまさきの消化器内が世紀末救世主伝説的なアウトロー社会になっていたのだった。

そういうわけで、5年ぶりに自分でヨーグルト買って食べた♪

ウマい…ウマすぎる…。ちなみに、ダノンってヨーグルトのフタの裏には乳酸菌まめちしきが書いてあるんだけど、「ダノン」というのはこれに含まれる乳酸菌を発見した博士の息子さん=ダニエル君の愛称なんだってさ。



***

ヤクルトの話に戻りますが、定期購入していたりセールスパーソンのお話を聞いたことがある方ならご存知かもなんだけど、じつは同社製品には「飲み合わせ」による思わぬ作用というのがあって…つまり、とある製品どうしを同時飲み(時間を分けて飲むとそうでもないらしい)すると、体内環境や体質によってかなりお腹がユルくなるんだそうだよ(善玉菌大勝利すぎてリミットゲージに達するらしい。大腸のなかが赤壁の呉蜀軍みたいだと思いたまえ)だから、その二つを同時に購入する人には前もって注意があるそうなんだけど、これがBEN秘症の人たちの中では…その…使えんじゃね?みたいな。

どの製品同士ってのは、ここには書かないでおくよ。賢明なる皆さん眉にツバつけてお試しは自己責任でどうぞなんだ。ちなみに、まさきは今週末試してみるけどね!(そうか、詰まってるのか←ダニエル菌が効いてきて結構調子いいけど)

※ちなみにダノン(ビオ)の菌の正式名はBE80菌というのであって、決してダニエル菌ではないんだよ。

おはよう、小ネタさん。

クサナギさんの騒動で、なにがショックだったって…

 女子高生(17歳)
 「嵐だったらビックリするけど、草ナギさんは上の人すぎてピンとこない」(日刊スポーツ)



そういうわけで、本日は気になる小さなトピックばかりを、
ここ胃弱風呂。より まさき(元・内海ファン)がお送りします。お酒飲んで何が悪い。裸になって…


※ 画像と記事は一切関係ありません。


***

■映画のレイティング表記が変わるようです。

ソースがまだ新聞記事だけなんですが。
今まで「R−18」など、マイナス表記(ハイフンじゃなかったんですな)だったものが、「R18+」というプラス表記になります。意味合いは同じですが、「〜歳以上」という言葉を強調するねらいがあるそうです。マイナスじゃ景気悪そうっていう縁起担ぎじゃないんだな、サドンデスがゴールデンゴールみたいなあれとは違うわけ。

■ボーンシリーズ第4作の公開は2011年夏に決まりました。

【eiga.com】ジェイソン・ボーン シリーズ最新作は2011年夏公開

BOND23が例によって年末商戦となる場合、2010年と2011年では、その間にこういう壁があるか/ないかという差が出てくるってことなんだ。差というか叩き台というか。

そういうわけで、今夜はナイター観戦いってきます、水筒に酒入れて!!(よせ)


まさきですが、ネタがないので雑談でもしないか…?

まさきです。

年度末、ちょっといろいろ、白くなりかけてます。

そんな時は、遠い目をして昔を振り返りたくなるもの。…というわけで、やらないか、雑談でも…。

■ピカデリー・パラーレ

【読売新聞】懐かしの10円ゲームを集めた博物館、東京都板橋区に会館。

10円ゲームってのは、その名の通り10円玉1枚で1プレイできるゲームのことで、大きく分けると「ルーレットゲーム」と「ベアリングゲーム」の2種があります。ルーレットはランプが点灯する電子式のもので、ベアリングは、パチンコ風の垂直落下式ピンボールみたいなもの(とはいえ、玉をはじくレバーの操作にほとんど任意性がないため、一度玉が落下しはじめると、まずこちらは運任せであることが多い…すくなくとも、まさきがプレイした機体は既にそうだったんだ…)

いや、ちょっともうれつ行きたい。


この右奥(水色機)の「スパイダーマン」みたいなのとか、一番正面の「国盗合戦」とか、もう死に物狂いでやりましたからね。この二つは前者の「ルーレット」式に当たるやつで、10円を投入し、スタートボタンを押したら自動的にルーレットがスタート。ストップボタンはなく、勝手に止まって、「0〜50(100とかあったかな)点」のどこかにランプが付くというもの。ここに写ってないですけど、まんまルーレット盤を模した最もオーソドックスな「ピカデリーサーカス」ってやつが一番好きだったなあ。
まさき個人は、年代的にいってこうした10円ゲームのストライク世代よりも10歳くらい若くなる(つまり機械の製作年代くらいに生まれてる)のですが、保育所(幼稚園じゃないんだぜ)〜小学校1年生のころ、デパートの婦人服売り場の一角に、なぜか10円ゲームばっかり寄せ集めてあるゲームコーナーがあってだな。
…いま考えると、「お母さんが洋服選んでる間、おとなしくしときな!」って意味だったんだろうけど、100円貰って、両替して、一心不乱だったよね。もうそりゃ猿のように無我夢中にやってたね。

もともと、駄菓子屋さんの店頭に1〜3台くらい置いてあったのを、デパートが下取りしたって感じで、10台くらいあっても正常に使えるのは既に2,3台だけ。むろん当然メンテもなし。新台入替もなし。
10円ゲームのほかに、初期のアーケードゲーム機も何台かあってだね。

 ・タイトー「ウエスタンガン」(初期テレビゲーム)
 ・ナムコ 「シュータウェイ」(今で言うクレイ射撃のバーチャルゲーム的な)

とか…ただしこれらは、もうすでに壊れたままなぜか電源ONで金だけは入る状態におかれていてね…(子供相手に何ということをwwww)…ゲームコーナーにはパートらしきおばちゃんが一人いて、この人が「10円詰まった」とか、「景品くれ」とか「余ったコインをノートに付けといて」とかいう、顧客(ガキ)の多様なニーズにお応えしていたんだ。
10円ゲームは、駄菓子屋に置かれている場合、当たると菓子の引き換え券みたいなのが出てくる設定らしいんだけど、ここはデパートなので、一部の機械からは得点に見合うコインが出てくるように改造(?)されていた。で、持ち帰れないほどコインを稼いだ場合に、氏名と住所などを申し出て、ツケておけるようにしてあったわけだ。
…しかし、まさきは当時まだ5歳くらいで、大人の女性にそんな注文をつけるスキルがなかったため(今だって、居酒屋のボトルキープでさえ一度もやったことないんだぜ←飲み干すからな)母親が用事を済ませて迎えに来るまでの間に、コインを稼いで思う存分遊び、そして最後には1枚残らず使い切るっていう、言葉だけ聞いたらル・シッフルがモミ手で「マイフレンド」って呼んでくれそうな決めごとを自分自身に定めていた。
だから、母がやってきて「もう行くよ」って言うと、何十枚あっても急いでピカデリーサーカスに投入して、えいっとスタートボタンを押すのね。そしたら「100点」とか大当たりしてコインじゃらー出てきて、オカンちょっとキレる、みたいな。

まあこんな事しながらも、なぜか奇跡的にパチンコには興味が湧かずギャンブルには(宝くじ以外)手を出さない子になりましたが、ハマるとハマる性質であろうことは、おのれが一番よく知っているので、今後もパチにだけは手を出すまい。


■郵便局の荷物代は(だいたい)何でも切手で払ってよい件。

タイトルと本題は何も関係ないのですけど、家に大量にある「62円」とかのあのハンパな切手をどうにかしたいんだ。(金券ショップには売り切れない、単品のが山ほどあって…)

【MSN産経】まぼろしの切手「逆さまジェニー」2580万円(換算)で落札

趣味は?ってめざましのインタビューで聞かれて
「切手集め」って答え、
で何枚?って聞かれて、

「4枚…」

って答えた天然ダニエル・クレイグさんも(あのドジが計算づくだったらちょっと憎い)、4枚のうち1枚がこれならきっと自慢できると思うんだ。ちなみに、世界で1枚しかないと言われている切手は英領ギアナの1セント切手。また、世界最初の切手で漫画『MASTERキートン』にも出てきたのがイギリスの黒い1ペニー切手。

切手収集の入門編にして、切手にまつわる様々な話をまとめた本としての面白さがずば抜けていると思う。
今井修氏『切手・集め方楽しみ方』


ところで…。

駄菓子屋の話ついでになんだが、今まで友人の誰に聞いても「そんなものは知らん」とか「あったような気もするが、記憶に薄い」と言われてしまうお菓子があってだな。

「切手チョコ」

って言うんだが、誰かご記憶のかたはいませんかね。
「おまけのほうがメイン」的な駄菓子のひとつで、値段は覚えていませんが80年代前半。白っぽい紙箱に丸いクッキー菓子にチョココーティングしたチョコボールが入っていて、なんと本物の外国切手(使用済み)が1、2枚おまけで付いてくるという…なぜか、飛行機とか気球とか乗り物柄の切手がやたら多いのを覚えています。当時は(今も)動植物のイラスト切手が一番好きなので、「また飛行機だよー」とかってぶうぶう言いながら切手帳に収めてたなあ。

でもってお菓子ついでなんだが、まさきが好きなお菓子やジュースは、たいがい廃番になるというジンクスがあって、過去…

 じゃがりこ「うすしお」
 ロッテキャンディ「小夏」(小梅の姉妹品。甘夏味)
 セブンイレブン「ミニたい焼き5個入り」
 コカ・コーラ飲料「カルキング」(昔のCMが神)02年、リニュしてペット入りに…

などが冥界の門を叩いてしまったのであった…。


近況ご報告。

シワスを迎え、みなさまいかがおすごしですか?

ぶっちゃけ、ナグフォー公開→ダニエル来日→帰英→世界的にはメディア露出もそろそ峠越え…でいろんなもの使い果たして真っ白になっちゃいませんか?

日本一般公開の1月中旬(つ、下旬だよね)までは、まだ1ヶ月以上をのこしておりますよ!白くなって夏の紫外線をリセットしてる場合じゃないですよ!こんにちは、オカンの買ったアスタリフト勝手に使ってモニター中のまさきです。
つまりこの12月、いかに体力温存して公開まで乗り切るか、24日に「人間ドラマには定評のあるマーク・フォスターが監督した007最新作」を観る気まんまんの顔でいかに迎えるか(いやみですか?)今、自分の内なる小宇宙(コスモ)をどれだけ高められるかが、来月24日をたのしく迎えるキモだと申し上げたい。いまは正直、いろいろ瞬間的に疲れちゃってるように装いながらですね…白鳥は氷の下で激しく足を掻くのです。

そうわけで、まさきさんは現在、絶賛忘年会ラッシュ中!

飲みますよ、雪も溶かせとばかりに!! 
むしろその雪、グラスに入れて芋ロックでとばかりに!!!(まだ初雪観測されてないですが)

今年は数年ぶりにネンガジョーとかやってみるつもりだ。プリントゴッコの電球ってさ、割れるといい匂いすんだよね(PCでやります)

…何度忘れても忘れ足りない2008。

もっと、もっと飲んで忘れなければ…(そして来年に繰り越す思い出を作りませんように)


ル 「まさき、無茶しやがって…」
クラ「もう一度頭打ったら治るかもですよw」


しかし、このBlogに関してはご厚情いただいてばかりなので、忘れることなんてこれ1つもありゃしません(自分のたいそうな放言以外…)



とりあえず、雑多な記事の数々

■こうなったらからには俺に言えるのは「奢る。」それだけだ。

<Yahoo!音楽ニュース>ドクターペッパー社、公約守り缶ジュース無料クーポン発行。

独特の風味に絶大な(?)ファンを持つコーラ「Dr.Pepper」の販売元、ドクターペッパー社の広報が、新アルバム製作に17年もかかっているGuns'N Rosesに対し、「もし年内にアルバム出来たらアメリカ全国民にドクターペッパー1缶づつ進呈するけん。」と言ったのは今年の3月のこと。
<AFP BBニュース>ガンズの新作完成したら、全米国民にドクターペッパー1缶
湧いては消えを繰り返していたガンズ新アルバム発売が08年内になるだろうって話は、実はすでにこのときあったので、出来レースっちゃ出来レースだけど、サイゼリヤ級の英断に「ほんとかよ」というよりも、「いやむしろドクターペッパー苦手だし…」の声が全米で囁かれたとか囁かれないとか。

でもって、めでたく11月23日(時差の関係で日本は11月22日)に発売される、ガンズのニューアルバム“「Chinese Democracy」”全17曲。

【収録予定曲名】
1. Chinese Democracy
2. Shackler's Revenge
3. Better
4. Street Of Dreams
5. If The World
6. There Was A Time
7. Catcher N' The Rye
8. Scraped
9. Riad N' The Bedouins
10. Sorry
11. I.R.S.
12. Madagascar
13. This I Love
14. Prostitute


5曲目の「If The World 」は、ラッセル・クロウ、レオナルド・ディカプリオら出演でCIAの陰謀を描くサスペンス映画「ワールド・オブ・ライズ」の主題歌。ガンズといえば映画主題歌ですね。それでは過去の映画主題歌2本をどうぞ。

Guns N Roses - You Could Be Mine(「ターミネーター2」)

Guns N Roses- Sympathy for the Devil(「インタビュー・ウィズ・バンパイア」)

『悪魔を憐れむ歌』は言わずと知れたストーンズのカヴァー。管理人が当時「インタビュー…」を劇場まで観にいった動機はぴっこ(B.PITT)ではなく主題歌とバンデラス狙いだったという…。以後、ロン毛とコスプレ禁止の呪縛は『トロイ』まで解けなかったぴっとさん。そんなココロのキズだか何だかを「ロン毛?スカート?むしろやるべき見せるべき」と背中押してあのアキレスが生まれただけでも、元ヨメの功績はあったと思うんだ。むしろ記念に持ち帰ったという例のスカートを元ヨメが今どうしているのかが気になるが(もうひとり「ピットの汗がついた衣装をジップロックに入れて持って帰った」ローズ・バーンさん、ブツはまだ保冷中ですか。)

でもって年内リリース決まっちゃったYO!?という周囲の声に答えて、同社の広報は答えた。
「こうなったからには、俺たちに言えることは、ドクターペッパーは奢る。それだけだ。」
…漢らしいコメントだけど、提供を受けるにあたってはドクターペッパー社のHPにクーポン請求の登録が必要とのこと。で、そのクーポン持ってコンビニへって仕組みですね。しかも「スラッシュとバケッドヘッドはサービス対象外」だそうです。ちっちぇなペッパー。ちなみにこのコーラ、ヴォーカルであるアクセル・ローズの大好物でもあります。

 …「新品」じゃないのがあったらヤダ(笑)



■ひさびさのナヲたんは「現地人」

ナヲたん(大森南朋さん)が、WOWWOWの「ドラマW」に登場。ドラマWには、いつか出るかなーと楽しみだったので嬉しい。

<WOWWOWオンライン>ドラマW「プリズナー」

原作は、沢井鯨 氏の『P.I.P―プリズナー・イン・プノンペン』


ナヲたんは主人公・井沢(玉山鉄二さん)と同房となる囚人で詐欺師のポンを演じます。絡みがあるかは不明ですが「ハゲタカ」に次いで松重豊さんと再び共演。ちなみに松重さんは謎の中国人ファンド・マネージャー・王を演じます。。。でもって原作は作者沢井氏がカンボジアで冤罪逮捕・収監された実話をもとに描かれるフィクション・ノベルなんだけど、ドラマでは色々な配慮から東南アジアにある架空の小国が舞台ってことになっている。原作は劇画コミック化もされているらしいですね。

 かわうい…wwwww

ところで姫(三上)の「パンドラ」もさー、ノーベル賞後の今だったら、もっと話題になったと思うんだ…(三上さんの役どころ=新薬研究家、クラゲの体内成分からガンのオールマイティ特効薬を発見)



リッチー監督の『シャーロック・ホームズ』が始動。

コミック原作、アクション大作枠ってことがわかった時点で、シャーロキアンの管理人のエレクト半落ち。…RDJ=ホームズ、ジュード・ロウ=ワトスン、…でもって今回はアイリーン・アドラー(レイチェル・マクアダムス)も登場。モリアーティ教授ではなく、オリャラのブラックウッド卿が宿敵に。この役にはダニエル・クレイグ製作、主演「Flashbacks of a Fool」のマーニー役でもあるマーク・ストロングが入っております。

アイリーン・アドラーは、原作ファンにはおなじみの“ホームズが唯一意識する女”でありまして、 原作短編集第1弾『シャーロック・ホームズの冒険』収録作「ボヘミアの醜聞」に登場する女傑です。女傑…といっても、男顔負けの大活劇というのではなく、世界をまたにかけ、心のおもむくままに生きる知性あふれる勇気ある女性…という感じ。女性嫌いで生涯独身を貫いたホームズが、唯一名前ではなく「あの女性(ひと)」としか呼ばない女性であり、数々の名推理で難事件を解決したホームズが、「解決できなかった」数少ない事件の当事者でもあります。つか、アイリーンを出すなら「ボヘミアの醜聞」をじっくり脚色した作品が観てみたいんだけど、短編の内容自体はかなり地味。

離婚協議中のリッチーの新作が、結果的にはマシュー(・ヴォーン)のキャリアの後追い的大作嗜好になってるのがちょっと切ない。

お盆の所業総まとめ:ル様に捧げる誓い



こんにちは、ボンドだぞ。いまからまさきが恥を曝して皆さんの前でコクりたいことがあるらしいので、話半分で聞いてやってくれ。

***

まさきです。

ここはわたしのブログなので、この二日自分に起こった事を包み隠さず曝して、自戒と誓いの場にしちゃってもいいと認識しております。(ただ単にここで言えば誓いを破らないでおけるだろうという甘い考えなの…)


・わたくし管理人まさきは、
・暴飲暴食とゲテ食いの悪癖により数年来、胃弱の道を走っておりましたが
・肝臓だけには絶対の自信を抱きつつ、
・毒水たくさん飲んできました。
・つい先日のこと、
・まさきは調子をこいてたらふく毒水をのみ、
・覚えてないくらい飲みまくり、
・人生数回目の急性アルコール中毒で昏倒。
・そりゃあもう見るも無残な醜態を見ず知らずのひとにさらし、
・お店の人によって明け方に自宅に搬送されるという、
・酒飲みとして一番こっ恥ずかしく、また周囲にただいな迷惑をかけ、
・肝炎寸前の状態に陥ったまま、みなさんにご心配をかけたことを
 深く反省するにいたり
・ここに、禁酒のちかいを立てることにいたします。

・ル様の名にかけて

・とりあえず来月の初旬まで…www

いや、笑いごとではない。本当に迷惑をかけたので。
年甲斐もなく…情けない…。

肝炎気味のほうは、食事療法と安静でなんとかなりそうです。
先週あたりから、ジョージ・ダイアーを地で行く生活(言いすぎ)しておりましたので、いやはや目が覚めましたですよ。もうちょっと生きたいですよ。せめてQOSを観るまではー。

…というわけで、秋からも胃弱風呂をよろしくお願いします。

(禁酒カウンタ設置しようとしたけど恥ずかしいのでやめたよ…)

にるちゅ先生の、家庭の医学豆知識



そろそろ梅雨明け、みなさんいかがお過ごしですか。わたしはコペンハーゲンのイケメン医師ニルスです。こう見えても外科医です。けっして深夜の抜き打ちピザ配達員ではありませんよ。

さて、みなさん「液体ムヒ」ってご存知ですよね?

これです。

虫刺されの初期に幹部に塗布することにより、強力な消炎作用と殺菌効果、清涼感により激しいかゆみの緩和をうながす、日本ではひろく一般で使用されている家庭用常備薬です。
ぼくは外科医ですが、先日、この薬品にまつわる大変危険な使用実例が日本国内で報告されたとのうわさを耳にしたので、みなさんに正しい使用を啓発するべく、まさきさんのご厚意でこのブログに書き込みさせていただきました。

<液体ムヒのマズい使用実例報告>

(実例患者)
本報告書の患者Mは、西日本中つ国に住む30歳代の女性である。

(使用の状況)
Mは平成20年7月6日、M自宅の庭先でスズメに餌をやらんと半そで上着姿で屋外に出たところ、ハエ目・糸角亜目・カ科ヤブカ、ヤブ蚊、つまり蚊の野郎(刺すのはメスだけである)に、全身数か所にわたる絨毯掃射を受けた。Mがカの攻撃を確認し、屋内に撤退するまでに要した時間はわずか3分程度ながら、その被弾箇所は4か所以上に上ったという。
Mは手元に適当な処置道具が見つからなかったことから、幹部に冷水を浴びせるなどの応急処置の後、自然治癒を待つことにしたが、うち額の真中にある虫さされ患部が時間の経過とともに炎症を悪化させた。

<炎症悪化の図例1:モンテネグロでの症例>

ル様:「おい貴様、これが虫さされに見えるとでも…?」

激しいかゆみに、Mは軟膏などでの治療を決心した。

Mの談話:
「…それに、こんな顔のままじゃ明日の通勤電車でもしエロ顔の闇の銀行家の方が
隣の吊皮に立っていた場合、じろじろ見ることもできないではないですか。」

(※Mの日頃の精神状態については、この報告書では割愛する)

その時、Mは室内に液体ムヒ1本が未開封で放置されていることに気が付き、入浴後、これを手にして洗面所の前に立つと、額中央部の盛り上がった幹部に、強い圧迫力をもってこれを塗布し、 大量の薬液を塗ることで一気に患部を消炎させようともくろんだ。

しかし素晴らしい揮発性と猛烈な清涼感をともなう夏のレジャーの頼もしい味方ボクらのムヒの薬液は、地球の重力にしたがい一気に顔面中央部を流れ下ると、目・鼻の穴・唇・口の中に瞬時に侵入し 顔面の粘膜という粘膜に薬液が拡がると、直後に強烈な刺激と痛みがMの顔面を襲った。この痛みについては過去、英国の諜報部員B氏が受けた拷問による激痛に次ぐものと記録されており、これがムヒ1本で実証されたことは、拷問の発案者であるL氏の「最も効果的な拷問は、もっとも単純な方法と道具によってもたらされる」という2006年発表の『縄と椅子理論』を裏づけるものでもある。

Mの談話(代理人:トーマス・スケップフルト):「自分のバカさ加減にグゥの音も出ない…。」


極度の痛みに悶絶しながらも、Mはシャワールームに舞い戻り、
洗顔5回、眼球洗い3回、鼻うがい2回、歯磨き3回、ため息10回 を繰り返した。

正直、シャレんならんわ…。


こうしてようやく痛みが我慢できる程度に治まったため、Mは翌日何事もなかったかのような晴れやかな顔で出勤したという。

<結果>
・厚塗りメイクの下にはムヒの通過した跡が赤い筋になって残っていたという
・あまりの痛みに、虫さされのかゆみは忘れてしまったという
・当然翌朝の電車にエロ銀行家は乗っていなかったという

<ニルス先生のためになるアドバイス>

ムヒを顔に塗る時は、逆立ちをしてからにしよう。

2007年総まとめ。いや、今年以外も入ってるけど。

個人的には嬉しいことと残念なことの差があまりにも広かった2007年。みなさまいかが過ごされたでしょうか。ここの管理人にとっては日常的には最も過酷、萌え的には近年まれにみる豊作となりました。病気やって10キロ痩せてゴラム化もしましたが、お酒は今年も沢山飲みました。来年も飲みます。飲まらいでか。

というわけで、今年前半の病気などありましたので映画、その他のエンターテイメント、書籍などあまり目を通してはおりませんが、これはよかったなあというものをランキング形式で列挙してみます。

<観た映画部門 満足ランク>

1.(該当なし)
2.「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」私情挟んで2位
3.「ゾディアック」 RDJの出っ腹で3位
4.「アフター・ウェディング」 もっと松が脱げば1位
5.「レミーのおいしいレストラン」
 の前にやった短編が本編になったらぶっちぎりの1位。

<観た映画部門 不満足ランク>

1.「オーシャンズ13」 コアファンなんだけど。
2.「プレステージ」 先読めた。(致命的)
3.「POC ワールド・エンド」 メタファンなんだけど。
4.「インベージョン」 きっと今作り直したらダニエル露出度が通常の三倍。
5.「300」 豆が出てたら…。

<来年映画によせる期待部門>

1.BOND22<本国公開>
 (日本公開の時はルシの遺影に合掌してから観にいくよ!)
2.ライラの冒険
 (の続編がちゃんと出来るかどうか)
3.スウィニートッド
4.08年アカデミー候補一同
 (「ノーカントリー」「潜水服は〜」「マイケル・クレイトン」等)
5.ジェシー・ジェイムズの暗殺
 (ここはひとつ、ブラピでなくケイシー・アフレックに注目)

<今年面白かったDVD 〜マッツとクレイグしか観てないとしても〜>

1.「Jの悲劇」(なんとカジロワを抜く作品が!)
2.「007 カジノ・ロワイヤル」(ガチ)
3.「フレッシュ・デリ」(マッツ作品で意外にも一番ローテーしている)
4.「しあわせな孤独」 (VHSだったらニルスの尻シーンだけ擦り切れてる)
5.「ダークロード 暗闇の逃亡者」 (VHSだったらトーマスの下着姿だけ…)


…ところで、今年は読んだ本でも、I.マキューアンの「愛の続き」…つまりJの悲劇がダントツの1位なわたしです。クレイグファンになって、この作品に出会えたことが、今年一番の収穫かも知れない。CSIとか、全DVD含めてJ悲のローテー回数がハンパない。何というか、どの部分(映像・セリフ・演出・構成)から切り取っても非の打ちどころがない。赤の寓意、球体の寓意、…もともと寓意好きというか、そういうのもありまして、徹底的にそのへんに気を配っている映像と演出がすごいと思うのですよ。
J悲については、次回、徹底的にレビューします。
日本語訳のすばらしさもあるでしょうが、原作「愛の続き」も鳥肌モノ。きっと自分の「性(しょう)に合う」作品なんでしょうね。簡単に言えばツボですが。100%以上、おそらく120%ちかく完璧にわたしのシュミにはまっている作品です。

マキューアン作品というと「贖罪」(映画邦題「つぐない」)が、映画化され、キーラ・ナイトレイ主演にてヨーロッパの映画祭で高い評価を得ています。わかりやすい内容の大河ドラマなので、アメリカのBOXOFFICEでも健闘してもらいたいもの。
このヒットにより、日本でもマキューアンの知名度がさらに上がって、ついでに映像化された既存のマキューアン作品としての、「Jの悲劇」も再評価されやしないかと期待しています。

TBOTOBEBO・・・。



一部、小粋なレディの皆様に大好評の禿鷹を再放送で観ましたよ。

本放送の予告時点でね…これ観たら絶対ハマるという、天啓とも言うべき予感があったのですが、当時忙しかったもので、あえて視聴を避けてましてね。(その後、柴田氏のご入院で放送予定が延期されたそうですが)今回たまたま再放送ということなので、周囲のみなさんの熱い鷲津ラブコールに押されて拝見したわけです。

だから、これをもって当管理人もまんまと鷲津ファンドに買収されたことを宣言します。ああちくそう、なんてカワイイ眼鏡っ子なんだおー!

しかしあれですね。柴田さんの演技は見事ですね。正直、大森さんの発音にはちょっと泣かされましたけども(少し難聴気味なこともあり、日本のドラマのセリフ、聞きとりにくいんです)…顔だけマンガみたいな演出とか、カメラワークとか、突拍子もないBGMとか、細かい事を言うといろいろ個人的にどうかな?という難点もあったのですが、全6話を通じての緊張感。特に某エモンをほうふつとさせるベンチャーIT企業の若き社長・西野(松田龍平氏)と、外資系バイアウト・ファンドの冷酷非情な現地指揮者である鷲津(大森南朋氏)のテレビ番組での一騎打ちは、かなりドキドキさせました。

松田さんの配役は、当初、中村獅童氏があてられ、プライベートの事情により降板なさったという事ですが、個人的には松田さんで正解だったかなあと思います。華奢な体と神経質そうな目つきが、復讐心を病的なまでに研ぎ澄ませていく西野のキャラクターによく合っていた。

予告編を見た時に、ああこれ踊る(大捜査線)ファンはかなり転ぶ人が多いかもねえと思いましたが、周りの踊るスキーさんも結構、これはイイと勧めてくださった方が多いので、納得の作品でした。やっぱり腐ってもNHK。いいもの作るなあ。これからもきちんと受信料払いましょうね(ぶっちゃけTV台数ごとってのはキツイですけどね、ええ)

***

松ファンとしての金融ドラマは、「ダークロード」になるわけですが、サスペンス・スリラーメインとはいえ、少しはマネーゲームの詳細も入れてほしかったなあと。図らずもタイムリーなことに、この「ハゲタカ」を観ることによって、少しだけトーマスのやってるお仕事内容がわかった気になったり…。いや、あくまでわかった気だけです。難しすぎる(実際、ハゲタカの内容の2〜3割は理解できなかった私…)

そしてこの作品を観ることによって、わたしの中で最も膨らんだものは

ル・シッフル様へのさらなる畏怖の念でございます。

あの方は、これら金の亡者どもの上を行きなさっておるのだよ…。

ああカッコイイ…。

いいよもう、信者だよ。

ルーさまの手から白い粉とか出てきたら間違いなく信じるよあたし。


それにしても、投資会社の若きエリート経営者の右腕 ってのは、古今東西「金髪碧眼ちょいロン毛白人美青年」でなければならないんだろうか(EXIT=ファビアン、禿鷹=アラン)アランいいですよね、もっとラストに鷲津と絡んで欲しかったなあ。
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Twitter Lnks
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉Vol.1 [Blu-ray]
THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉Vol.1 [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

こんなかわいい生き物が、まだサクラメントにはいたのです、たぶん。
recommend
キスキス バンバン -L.A.的殺人事件
キスキス バンバン -L.A.的殺人事件 (JUGEMレビュー »)

ブラック監督はアイアンマン3のメガホン決定。ドジっ子泥棒とガチホム探偵のキッチュな楽屋オチサスペンスコメディ。
recommend
セックス・カウントダウン [DVD]
セックス・カウントダウン [DVD] (JUGEMレビュー »)

泣いて笑って走って転んで震えて叫んでエルフ羽つけて全編まさにサイモン大感謝祭。
recommend
007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD]
007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD] (JUGEMレビュー »)

★★★絶賛発売中!
ビックリマンチョコほうふつのホログラムジャケット背負ったボンドをぜひお手元に!
recommend
Jの悲劇
Jの悲劇 (JUGEMレビュー »)

やっぱり今もって、個人的にはダニエル主演映画のベストがこれだったり。
recommend
DVD 007 カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション(3枚組)
DVD 007 カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション(3枚組) (JUGEMレビュー »)

ル様ピクチャー・ディスク付きセットで前作をおさらいしましょう!
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM